見学ツアー 環境相談 主催事業 講師派遣 貸出教材 図書・資料・DVD 環境活動支援室 団体・企業情報 札幌市の環境情報 環境関連リンク集 環境プラザ blog 環境について知りたい キッズページ 環境教育へのクリック募金 エネルギーはどのくらいかな? 札幌エルプラザ公共4施設 男女共同参画センター 消費者センター 市民活動サポートセンター 情報センター
トップ > 見学ツアー >

見学ツアー(事前にお申し込みください)

環境プラザでは、展示物をより効果的に学習していただくため、スタッフによる解説付の見学ツアーを行っています。 総合学習や学習会などに多く利用されております。パンフレットPDFをダウンロードする


    

見学ツアー時間

利用時間:午前9時から午後6時  
見学日:毎日(土曜日、日曜日、祝日も可)※年末年始、臨時休館日を除く
 

    

申し込み方法

見学ツアー、団体での利用は希望日の1ヶ月前までにお電話での連絡が必要です。その後、申込書のご提出をお願いいたします。
011-728-1667
申込書様式はこちら→申込書様式【word】  申込書様式【pdf】


学習目的に合った見学ツアーにするために

見学ツアーは、全体のオリエンテーションから始め、テーマや希望に沿ったメインプログラムを行い最後には次の学びにつなげる見学ツアーの振り返りの時間をとります。
メインプログラムでは、展示物を使った見学や太陽光パネルの見学、参加型体験プログラムであるアクティビティのほか、興味のあるものを自分でじっくり体験できる自由見学などを、テーマに沿って組み合わせることが可能です。
見学の目的や学習テーマに合わせた見学プランをご提案いたしますので、ご相談ください。

コースの一例

(1)アクティビティコース90分から120分
オリエンテーション→≪メインプログラム≫展示物見学(30分)・アクティビティ(45分)→振り返り

(2)展示物満喫コース65分
オリエンテーション→≪メインプログラム≫展示物見学(30分)・自由見学(20分)→振り返り

(3)太陽光パネルコース60分
オリエンテーション→≪メインプログラム≫展示物見学(30分)・太陽光パネル見学(15分)→振り返り

※見学コースは、40名で想定しています。


展示物見学

スタッフと共に環境プラザにある展示物を巡り、体験したり一緒に考える見学です。
  

メッセージスタジオ

メッセージスタジオ

環境問題ってどんな問題があるの?

直径1mの地球儀を覆うように、さまざまな環境問題が模型で表現されています。また、地球の周りには7本の柱が立っていて、環境問題どうしのつながりや、日本で暮らしている私たちとどのように関係しているのかを考えます。


ハウススタジオ

ハウススタジオ

暮らしと環境問題のつながりってなんだろう?

家電製品のエネルギー消費量二酸化炭素の排出量を知ることができたり、三択クイズで身近な環境問題や省エネについてのことを学ぶことができます。私たちの暮らしの中で、環境に影響を与えていることはどんなことなのか考えます。


エネルギーについてもっと知りたい人は「その他環境に関するリンク集」ページをご利用ください。
「その他環境に関するリンク集」

    

タウンスタジオ

タウンスタジオ

野生の生きものと暮らすにはどうしたらいいのかな?

野生の生きものと人間が出会う場面が模型となっています。野生の生きものと人間の両方の気持ちを考えます。






    

太陽光パネル

太陽光パネルを間近に見てみよう!


環境プラザがある札幌エルプラザの屋上には、150枚の太陽光パネルが設置されており、札幌エルプラザ内の電力の一部として使われています。屋上にあがって、太陽光パネルを見た後には、環境プラザ内のモニターで発電量を数値で確認することができます。
※冬季は積雪のため、太陽光パネルの見学はできません。

  

アクティビティ

参加型の体験プログラムです。一人ひとりの気づきを大切にし、自分たちの暮らしにつながる内容をご提供します。
(詳細はお問い合わせください)         
【ライフスタイル】
ECOまちがいさがし
【自然】
タネの模型づくり
いくつ「ECOまちがい」を見つけられるかな?



制限時間内でパネルに描かれた“ECOまちがい”(環境に配慮していないイラスト)を見つけ出し、自分の暮らしの中での“ECOまちがい”について考えます。「家庭生活での環境行動」について学ぶことができます。


植物のタネはどうやって移動するかな?
模型を作って考えてよう!

タネに関するクイズをした後、飛ぶタネの模型づくりを行います。タネの形態から子孫を残すための工夫を知り、植物のタネを題材に「種の多様性」について学ぶことができます。

【自然】
葉っぱ図鑑をつくろう!
【生きものの生態】
サケ迷路
葉っぱってどんな形?
身の周りにあるさまざまな葉っぱの違いを知り、自然の楽しみ方を一つ増やそう!



身近にある木の葉を使ったカルタ式ゲームの後、五感を使って実際に木の葉を観察し“じぶんだけの葉っぱ図鑑づくり”を行います。植物を題材に「種の多様性」について学ぶことができます。


サケになって川をのぼる体験をしてみよう!
サケには何をたよりにして川をのぼってくるのかな?



サケのライフサイクルについて並べ替えワークを行った後、水のにおいをたどって遡上する習性についての疑似体験を行います。生きものの不思議さを感じることをきっかけに「生態」や「習性」について学ぶことができます。

【生きものの生態】
鳥のくちばしビンゴ
【食】
食べ物ゲーム
鳥のくちばしって、どんな形をしているのかな?
何のための形なのかな?
ビンゴゲームをしながら考えよう!



鳥はどのような姿をしているのか絵を描いた後に、くちばしの形が異なる鳥のシールを使って、ビンゴゲームを行います。“肉を引き裂くことができる”など、くちばしの利点を考えることで「適応」「多様性」を学ぶことができます。

遠くでとれたものを食べるのと、
近くでとれたものを食べるのとでは何が違うのかな?



“食べ物に関するクイズ”と“リボンを使用した産地からの距離比べ”をとおして「輸送や生産活動などが地球環境に与える負荷」について学び、自分たちの生活とのバランスを考えることができます。

【グリーンコンシューマー】
エコプラマーケット
【エネルギー・資源】
エネルギーをたどれ
お買いものと環境…どんな関わりがあるのか
ゲームをしながら考えてみよう!




用意されたさまざまな商品の中から、環境に配慮した商品(リサイクル製品、旬野菜など)を消費者として選択し買い物の疑似体験を行います。まとめの時間では、「選択した個々の商品が環境に及ぼす影響」について学ぶことができます。

「テレビって何で動いているの?」「電気って何からできているの?」「エネルギーを使いすぎるとどうなってしまうの?」
そんな「ハテナ」を一緒に解いていきます。



日常生活で使用すr製品がどのようなエネルギーで動いているのかをシール式のワークシートを用いて考える「エネルギー環境教育プログラム」です。学習をとおしてエネルギーの使用量を減らすためにできることを考えます。