生物(せいぶつ)多様(たよう)(せい)の4つの危機(きき)

日本(にほん)生物(せいぶつ)多様(たよう)(せい)は4つの危機(きき)にさらされてるんだ。
過去(かこ)にも自然(しぜん)現象(げんしょう)などの影響(えいきょう)により大量(たいりょう)絶滅(ぜつめつ)()きているけど、現在(げんざい)(だい)6の大量(たいりょう)絶滅(ぜつめつ)()ばれているよ。
人間(にんげん)活動(かつどう)による影響(えいきょう)(おも)要因(よういん)で、地球(ちきゅう)(じょう)(しゅ)絶滅(ぜつめつ)のスピードは自然(しぜん)状態(じょうたい)(やく)100〜1,000(ばい)にも(たっ)し、たくさんの()きものたちが危機(きき)(ひん)しているんだ。

(だい)1の危機(きき)

開発(かいはつ)乱獲(らんかく)による(しゅ)減少(げんしょう)絶滅(ぜつめつ)生息(せいそく)生育(せいいく)()減少(げんしょう)
鑑賞(かんしょう)商業(しょうぎょう)利用(りよう)のための乱獲(らんかく)過剰(かじょう)採取(さいしゅ)()()てなどの開発(かいはつ)によって生息(せいそく)環境(かんきょう)悪化(あっか)破壊(はかい)するなど、人間(にんげん)活動(かつどう)自然(しぜん)(あた)える影響(えいきょう)多大(ただい)です。

(だい)2の危機(きき)

(さと)()里山(さとやま)などの手入(てい)不足(ぶそく)による自然(しぜん)(しつ)低下(ていか)
()次林(じりん)採草(さいそう)()利用(りよう)されなくなったことで生態(せいたい)(けい)のバランスが(くず)れ、(さと)()里山(さとやま)動植物(どうしょくぶつ)絶滅(ぜつめつ)危機(きき)にさらされています。また、シカやイノシシなどの個体(こたい)(すう)増加(ぞうか)地域(ちいき)生態(せいたい)(けい)(おお)きな影響(えいきょう)(あた)えています。

(だい)3の危機(きき)

外来(がいらい)(しゅ)などの()()みによる生態(せいたい)(けい)のかく(らん)
外来(がいらい)(しゅ)在来(ざいらい)(しゅ)捕食(ほしょく)したり、生息(せいそく)場所(ばしょ)(うば)ったり、交雑(こうざつ)して遺伝(いでん)(てき)攪乱(かくらん)をもたらしたりしています。また、化学(かがく)物質(ぶっしつ)(なか)には動植物(どうしょくぶつ)への毒性(どくせい)をもつものがあり、それらが生態(せいたい)(けい)影響(えいきょう)(あた)えています。

地球(ちきゅう)温暖(おんだん)()

(おお)くの(しゅ)絶滅(ぜつめつ)生態(せいたい)(けい)崩壊(ほうかい)
地球(ちきゅう)温暖(おんだん)()国境(こっきょう)()えた(おお)きな課題(かだい)です。平均(へいきん)気温(きおん)が1.5〜2.5()()がると、(こおり)()()時期(じき)(はや)まったり、高山(こうざん)(たい)縮小(しゅくしょう)されたり、海面(かいめん)温度(おんど)上昇(じょうしょう)したりすることによって、動植物(どうしょくぶつ)の20〜30%は絶滅(ぜつめつ)のリスクが(たか)まるといわれています。

生物多様性のめぐみ(生態系サービス)

  • しらべてみよう
  • いってみよう

このページの先頭へ