環境(かんきょう)にやさしい(くるま)(えら)ぼう

温室(おんしつ)効果(こうか)ガスである二酸化炭素(にさんかたんそ)は、(くるま)(うご)かすときガソリンを燃焼(ねんしょう)することで発生(はっせい)します。しかし、最近(さいきん)では、(くるま)(うご)かす(ちから)をガソリンだけに(たよ)らない「ハイブリッドカー」やガソリンを使(つか)わない「電気(でんき)自動車(じどうしゃ)」なども登場(とうじょう)しています。

ハイブリッドカー

2つ以上(いじょう)動力(どうりょく)走行(そうこう)する自動車(じどうしゃ)(おな)じガソリン(りょう)でもふつうのガソリン(しゃ)の2〜3(ばい)距離(きょり)(はし)れます。

電気(でんき)自動車(じどうしゃ)水素(すいそ)自動車(じどうしゃ)燃料(ねんりょう)電池(でんち)(しゃ)

ガソリンを燃料(ねんりょう)としないので、走行(そうこう)()二酸化炭素(にさんかたんそ)排出(はいしゅつ)がゼロ

(てい)燃費(ねんぴ)(しゃ)

(すこ)しのガソリンで(おお)(はし)れる自動車(じどうしゃ)小型車(こがたしゃ)だけでなく様々(さまざま)なタイプの(くるま)開発(かいはつ)されています。

車大国へ戻る

大気のトップページへ戻る

  • しらべてみよう
  • いってみよう

このページの先頭へ